TouchJW v2 クイックチュートリアル

Title_TouchJWv2_N.png

TouchJW v2 for iOSでサンプルファイルをダウンロードし読み込もう。

TouchJW v2 for iOS起動したらまずはファイルを読み込んでみましょう。iOSアプリはPC内のファイルを自由に読み書きできないためSandBox(ローカルフォルダ)といわれる領域にファイルを保持します。この領域におかれたファイルのみ自由に読み書きができます。TouchJW v2で使うファイルはSandBox(ローカルフォルダ)領域にダウンロードする必要があります。 起動直後の画面です。サンプルファイルをダウンロードするにはツールバーの右上の赤い丸の部分のアイコンをタップします。

「File Menu」が表示されます。「サンプルデータをダウンロード」をタップします。

Safariが起動します。そして、サンプルのダウンロードページが表示されます。上にスワイプし、ページの下部に移動します。

 

「Shadow.tjw」を探します。

「shadow.tjw」データのアイコンをタップします。

ファイルの処理方法の確認されます。「"TouchJW v2"で開く」をタップします。

TouchJW v2にファイルが読み込まれました。このダウンロードされたデータは一時的にSandBoxの「inbox」というフォルダに記録されます。

TouchJW v2 for iOS好評公開中