DropBoxでファイルを転送する方法

最初に....
TouchJW v2のDropbox APIは v2を使用しています。実機環境とシュミレータ環境では若干動作が異なりますして、困惑していますが、実機で不具合が出た場合の対処はわかりました。
実は、iOS用DropBoxアプリがインストールされた場合、iOS用DropBoxアプリをアンインストールした場合にDropBox-のAPIがエラーを返します。システムのどこかに何かが残っている感じなのですが、この場合の対処は簡単で、iOS用DropBoxアプリをインストールすると何事もなかったように動作します。

TouchJW v2のDropboxフォルダは直接Dropboxのサーバーのファイルにアクセスできます。このため、ネットワーク転送の若干のオーバーヘッドが発生します。このため、DropBoxの対応ファイルを一気にiOSデバイス内にダウンロードすることも可能です。この場合の操作は、別トピックで解説します。

ということで、以降の開設はiOS用DropBoxアプリがインストールされているという条件で説明を行います。

操作はファイル選択画面で

「ファイルオープン」のアイコンをタップしファイル選択画面に遷移します。
設定->Cloud->DropBox Optionにて、「Use Dropbox APIs.」をオンにしておく必要があります。デフォルトではオンです。使わない場合は、オフにすることでファイル一覧にDropBoxフォルダが表示されません。

Dropboxフォルダをタップします

図のDropboxフォルダをタップします。ログインするとログイン情報は記録されます。

正常にDropboxに接続できれば、ユーザーとパスワード情報を入力する画面になりますので、Dropboxのユーザーとパスワードを入力します。

Dropboxアプリをインストールしている場合はDropboxのユーザーとパスワードの入力が省略される場合があります。
ユーザー情報が認証されるとTouchJWv2アプリがDropboxアプリにアクセスしてもよいかという問い合わせ画面になります。

情報を確認して、「許可」、「はい」または「接続する」という選択肢を選びます。Dropbox-APIはサーバーの仕様により、表現が違う場合があります。

Dropboxにログインが完了すると、

ファイル選択画面の「Dropboxアイコン」の横に「ログインしていません」が「Dropboxサーバを参照」に変わります。この部分をタップすると、Dropboxサーバに接続され、Dropboxサーバ内の対応するデータが表示されます。

ファイルをタップすると、データがダウンロードされ、ファイルが表示されます。

一覧表示されたDropboxサーバのデータを一括ダウンロードするにはこちらのトピックを参照してください。

Dropboxサーバのデータをダイレクト表示

ファイル一覧に表示されているDropboxサーバ内の対応するデータをタップすると、データのダウンロードが開始され、ダウンロードが完了すれば即座に表示されます。

ダウンロードされたデータは、通常のデバイスに保存されたデータと同じく、ブラウズが可能になります。画面操作などはこちらをご覧ください。

ブラウズを終了し、ファイル一覧に戻るには

「ファイルオープン」のアイコンをタップします。

 

TouchJW v2 for iOS好評公開中